日記が続かない悩みを解決!簡単に解決してくれる続けるポイント⑥選

ikukenikuken

この記事をご覧になっているみなさんは、日記を書くことに関する悩みをおもちではないですか?


いくおいくお

僕は日記を始めたいけど何から始めるべきか・・・
なかなか始められずにいます


いくみいくみ

私は日記を始めても毎日はなかなか続かなくて
中途半端な状態です

この記事では、あなたがあなたらしく日記を無理なく続けていくための 6つのポイント についてご案内させていただきます。

ikukenikuken

結論から言いますと、日記を続けるために一番重要なことは 【日記を続けることを目的にしない】 です。
もちろん他にも重要なポイントはありますが、それらには後程触れていきますね。

【続けることを目的にしない】ことに加え 、【書く目的を明確にもつ】を含む次の6つのポイントを実践していくことで、日記を無理なくあなたらしく前向きに続けていくことが可能になりますよ。

日記を無理なく続けるポイント⑥選

① 書く目的を明確に持つ
② 自分に合ったツールを選ぶ
③ 何も浮かばない日も何か書く
④ ポジティブな内容を書く
⑤ 後で見返しやすいようシンプルに書く
⑥ 日記にはいろいろ種類がある

日記を無理なく続けるポイント⑥選

① 書く目的を明確に持つ

続けるためではなく、目的のために書く

冒頭でも触れさせていただきましたが、日記が続かない一番の原因は【続けることを目的にしてしまう】ことです。

ikukenikuken

【日記は毎日書くもの】というイメージをお持ちでしょうか?もしくは、そんな話を聞いたり見たりしたことはありませんか?

物事にはいろいろな考え方がありますので、否定をするわけではありませんが、この【日記は毎日書くもの】という考えが、日記を続けるための弊害になることが多々あります。

では、毎日書くことを目的にしない理由は何でしょうか?

ikukenikuken

答えは簡単です。
日記を何のために書くのかという目的を明確にする必要があるからです。続けるためではなく、なぜ書くのかという目的を最初に確認します。

しかも、具体的にです。

続けることを目的にすると、ネタがないときに何を書いてよいのかわからなくなり、書くこと自体が負担になってしまいます。

ikukenikuken

少し考えてみて下さい。
あなたはなぜ日記を書こうと思ったのですか?

日記を書く目的の決め方

日記を書く目的は、 【過去の経験・情報を未来に生かす または 役立てるため】 であるというように定義されることがよくあります。もちろんその通りかもしれません

では、その目的をあなたが日記を書く理由に設定したと仮定しましょう。
それだけで本当に続けていけるでしょうか?

何かまだ漠然としてますよね。目的としては弱い気がします。

そこで先ほどの話に戻ります。

ikukenikuken

少し考えてみて下さい。
あなたはなぜ日記を書こうと思ったのですか?


いくおいくお

人に勧められてやってみようって思ったからかな


いくみいくみ

ふとした時に、自分の今を見つめてみたくなったんです

人から与えられた目的を自分のものにするのは、なかなか難しいです。
「やってみよう」と思った自分の気持ちを振り返ってみましょう。

日記を始めようと思った最初の気持ちに必ずヒントがあります。

そして、自分が日記を書く目的を確認しましょう。

② 自分に合ったツールを選ぶ

いざ【日記を書く】となった時に、あなたはどんなものを使って日記を書いていく自分の姿を思い浮かべますか?

ikukenikuken

これは私個人の意見ですが、自分の直感を信じて最初に使うツールを選んでみてください。

今の時代は選択肢がかなり広がっており、ノートや手帳に書いていくだけでなく、モバイル端末に電子的に記していくこともできます。いろんな機能のついた便利なアプリもたくさん登場しています。

目的づくりのでもお伝えしましたが、一つひとつの決定プロセスは他人に全てを委ねずに、いろいろな情報を参考にしながら、最後は自分で決定していきましょう。

いつか、最初に選んだツールがしっくりこないなんて日がくることもあるでしょう。そんな時は無理に最初に選んだものを続けていく必要はありません。あなたらしいツールとその使い方を常に追求しましょう。
このような追求作業も、日記を書くという繰り返しの作業に日々変化を与えてくれ、長く楽しく日記を続けていくためのエッセンスとなってくれます。

手書きで始めたものを途中でモバイル端末に切り替えるもよし。手書きで書いたものを、端末に取り込んで保存するもよし。いろいろな方法がありますが、最後は自分のジャッジです。

③ 何も浮かばない日も何か書く

【日記を毎日書くことを目的にしない】というお話を①でしましたね。

毎日書けたほうが良いのは誰でも同じです。
でも、書くネタが全然浮かばない・・・。
そんな時はどうしたらよいでしょう?

ikukenikuken

この答えも実は簡単なんです。何も書くことが浮かばなかったことを書けばよいのです。

そんなことで良いの?と思われるかもしれませんが、書くネタが浮かばずに悩んだことも立派なその日の出来事です
先々読み返したときにその内容を見て感じることがたくさんあるでしょう。さらに、【過去の日記を読み返した行為】も、その日の立派な出来事となります

要するに、ネタが尽きたこともネタになり、書くことなんていつでもいくらでもあるんだという風に最初から割り切ってしまえば悩む必要もなくなってしまうわけです。

④ ポジティブな内容を書く

読んで字のごとしです。

ポジティブなことを書いていくことができれば、書いているときも、後で読み返した時もとても良い気分になりモチベーションアップに繋がります。

ポジティブな内容の例

■ うれしかったこと
■ たのしかったこと
■ ありがたかったこと
■ 達成したい目標

ikukenikuken

ポジティブと対極にあるネガティブな内容はできるだけ書かないほうがよいです。
全く書いてはダメということはありませんが、せめて【今日は○○だったから、次は△△にするぞ!】という風に、ポジティブワードを後ろにつけて書くとよいでしょう

入口がネガティブワードでも締めくくりがポジティブなら、ネガティブは前向きになるためのきっかけに早変わりしてくれます。

⑤ 後で見返しやすいようシンプルに書く

日記の書き方にもいろいろありますが、シンプルに書かれていたほうが、後で見返したときに読みやすいです。

ikukenikuken

シンプルな書き方とは・・・、【箇条書き】や【決まったレイアウト(フォーマット)を使う】などが当てはまります。簡単にできて負担にならない書き方を工夫することも継続していけるモチベーションを維持するための重要事項です。

随筆(※1)やエッセイ(※2)のように文章を思うがまま、スラスラと書き連ねることができる人はそれでも良いと思います。
まさかそんな方がこの記事を訪れているとは思えません・・・・・ね(笑)。

※1 本当にあった出来事の見聞や感想を自由に描いたもの
※2 出来事の描写ではなく、書き手のパーソナルな心の様子を描いたもの、告白的なもの

出典:日々の100(集英社文庫)松浦弥太郎

自分らしく続けていける書き方を選択しましょう。もちろん簡単に書けるのは、前者のシンプルパターンです。

⑥ 日記はオリジナルのコンセプトで書いてよい

日記には、いろいろな書き方があることをここまで述べてきました。

日記の素晴らしいところは、書き方に決まりがないことです。決まりがないことで、どのように書いていったらよいか悩んでしまいがちですが、日記を書こうと考えた最初の素直な気持ちを書く内容に是非反映してください。

日記のコンセプト(例)

 出産までの様子を書き残したい
⇒出産までの変化や記録をシンプルに箇条書きで記載し、その時の気持ちを簡単に添える
 ダイエットの目標を達成したい
⇒日々行った行動の箇条書きと、目標達成までの指標を数値化して記録する
 新しくできた友人と仲良くしたい
⇒シンプルなレイアウトで記載項目をあらかじめ決めた交換日記を行う

著者は以前、家族のコミュニケーションを深めるために、家族で交換日記をやっていました。
何を書いたら良いのか、良いネタが浮かばない場合は、次の人に【パス】もありの斬新なルールを導入したところ、【パス】の行為そのものが家族間コミュニケーションのひとつとなり、そこからたくさんの会話が生まれました。
【パス】の他に、私自身、書くことを忘れてしまった日が何回かあったことは内緒です(笑)。

日記には、答えのないいろいろな形があります。

ikukenikuken

繰り返しますが、書く内容は自由です。自由だから何を書いてよいかわからないのが悩みの方はもう一度記事を上から読み直してみて下さい
楽しく書いていきましょう。

さいごに・・・結局、日記を書く目的は何?

この記事の中でずっと必要だと訴えておりました【自分が日記を書く目的】について最後にもう一度触れていきます。

日記は自発的に書き始める場合と、人に言われて(勧められて)書き始める場合があります。

どちらにも共通して言えるのは、書くからには自分にとってプラスに働くように書くべきだということです。

日記を書いた自分が、どのように成長していきたいのかをしっかり考えましょう。

すでにイメージをお持ちの方はそれが目的(目標)となりますし、それがなかった方でも今回の記事を読まれていく中で沸いてきたイメージがあればそこを掘り進めシンプルな目的(目標)に変換してください。

ここまで来ても何も浮かばない方には、実は・・とっておきの方法がまだ残っています。

【自分が日記を書く目的】を決めないで始めるのです。まさかのまさかです。

ここまで記事を読み進めていただいたあなたには、だれにも負けない日記を書いていきたいというポジティブな想いが既にあります。

要は【日記を始めたい】があなたの日記を書く目的に既になっているということです。

ikukenikuken

ただし、一つだけお願いがあります。
書いていく中で、目的(目標)をいまいちど探していくことを約束してください。
ゆっくり考えていけば、日記を始めようと思った本当の理由がきっと浮かんできますよ。

これから始まる【あなたの日記】が世界で一つのかけがえのない作品になりますよう願っております。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Sponserd Link