書評【知識を操る超読書術】があなたにかかった魔法を解く理由!

メンタリストDaiGoさん著書の【知識を操る超読書術】は、知らない間にあなたに染み付いた読書に関する負の魔法を解いてくれる1冊です。

まーてぃまーてぃ

☑ マンガや小説なら最後まで読めるけど・・・
☑ 本を読んでも翌日には内容を忘れてしまう
☑ たくさん本を読んでるのに人にうまく説明できない

こんな悩みをスマートに解決してくれます。

読書が好きになれるか、仕入れた情報をその後の人生に役立てられるかは「本の読み方」「本の使い方」次第です。

この本を読むことで、次のような効果が期待できます

☑ 本が今までよりストレスなく読めるようになる
☑ 読んだ内容をアウトプットする方法が身につく
☑ 本を読む目的を明らかにすることができる

それでは本の中身についてご紹介していきます。

Sponserd Link

書籍の紹介

【知識を操る超読書術】

 メンタリストDaiGoさんの書籍は、エビデンス(科学的根拠)を非常に重視しているので再現性の高い内容が期待できます。

1日に10~20冊の本を読む著者の科学的根拠に基づいたメソッドは役に立つこと間違いなしです。


ikukenikuken

他の読書術のレビューにも記載していますが、私自身もともと読書は大の苦手。読書経験は高校・大学時代までほぼゼロ。

社会人になっても年間2~3冊読めば良い方で、読書術の本に出会ってからは多いときで月間10冊以上の本を読むようになりました。

 「読書が苦手な方」から「既に読書好きでスキルアップを図りたい方」まで、どなたにも役立つ1冊です。

本を読むのがストレス、読んだ内容が身につかないなど、現在あなたにかかってしまっている負の魔法をこの本が取り除いてくれるでしょう。

著者のプロフィール

著者 メンタリストDaiGo
(メンタリスト・ダイゴ)
学歴・経歴 ・慶応義塾大学理工学部物理情報工学課卒業
・人工知能記憶材料系マテリアルサイエンスを研究英国発祥のメンタリズムを日本メディアで紹介し数多くのTV番組に出演
・現在は活動をビジネスおよびアカデミックな方向へ転換、多方面で活躍している
Instagram オフィシャルサイト http://daigo.jp
ニコニコチャンネル メンタリストDaiGoの「心理分析してみた」

https://ch.nicovideo.jp/mentalist
代表作品等 累計330万部以上(2019年11月時点)
「自分を操る超集中力」
「人を操る禁断の文章術」
(ともにかんき出版)

 「知識を操る超読書術」を読んで得られるもの

冒頭では、次のような効果が期待できるとお伝えしました

☑ 本が今までよりストレスなく読めるようになる
☑ 読んだ内容をアウトプットする方法が身につく
☑ 本を読む目的を明らかにすることができる

本の中では、もうすこし掘り下げた内容で次のように表現しています

  • 50倍の生産性が手に入る読書サイクル
  • 知識を操る読書のサイクル
  • 自分がなぜ読書をするのかの意味付け

どくどく

この本を読めば、これまで自分で作り上げてきた本との向き合い方が一気に変わります。自分らしさを残しながら、新しい考え方をプラスして最高の読書サイクルを確立するチャンスです。

50倍の生産性が手に入る読書サイクル

本書で紹介されている内容を学べば、誰でも1日に5冊以上の本が読めるようになります。
日本の社会人の平均読書数は月に3冊弱。つまり、50倍以上のの生産性を手に入れることも可能です。

知識を操る読書のサイクル

①本を読む準備 ➡ ②本の読み方を知る ➡ ③本から得た情報をアウトプットする

上記のサイクルを継続していくことで、人生を大きく変える1冊に出会う確率が劇的に上がります。

実際、私は本書やその他の【読書術】に関する本と出会い、間違いなく人生が変わり始めています。

自分がなぜ読書をするのかの意味付け

  • なぜこの本を読むのか?
  • 本からどんな情報を得たいのか?
  • なぜ読書をするのか?

これらの問いに対する答えが見つかります。

本書の場合【まえがき】の中で紹介されていますが、本1冊を最初から最後まで単純に読み進めるのではなく

  • 読書そのものが苦手
    ➡ 第1章から
  • 苦手ではないが1冊を読み切れない
    ➡ 第2章から
  • 本の内容を自分のものにしたい
    ➡ 第3章から
  • 読んだ本を仕事や生活に役立てたい
    ➡ 第4章から

    という風に、読みたい章から先に読み始める手法がオススメされています。

    この方法は非常に有効で、知りたい情報から読み始められるため、常に高いモチベーションを保ちながら読書と向かい合うことが出来ます。

    この後紹介させていただく【目次】の内容を是非ご覧いただき、ご自身にとって今必要な情報が含まれているかよくご覧になってください。

    「知識を操る超読書術」の概要

    本の概要

    ページ数 236ページ
    初版発行 2019/11/18
    発行所 株式会社かんき出版

    2019年冬に発刊され、ページ数は200ページちょっと。「まえがき」と第1~4章で構成されています。あまりネタバレしてもいけないので、ここで目次の内容だけご紹介させていただきます。

    あなたが気になるキーワードが含まれているか確認してみて下さい。

    目次をのぞいてみる

    第1章)読書にまつわる3つのフェイク

    非科学的な読書をぶった斬る
    ・「速読」の嘘

    ・「多読」の嘘
    ・「選書」の嘘

    DaiGo流 知識を操る読書術とは
    コラム:読んでも忘れない記憶術

    第2章)読書の質を高める3つの準備

    読書で結果を出せないのは、脳と感情の操り方を知らないからだ
    ・メンタルマップ

    ・キュリオシティ・ギャップ
    ・セルフテスト
    コラム:ワーキングメモリを整える

    第3章)理解力と記憶力を高める5つの読み方

    難しい本でも何度も読み直すことがなくなる
    ・「予測」読み

    ・「視覚化」読み
    ・「つなげ」読み
    ・「要するに」読み
    ・「しつもん」読み
    コラム:記憶の定着を促す戦略的な眠り方

    第4章)知識を自在に操る3つのアウトプット

    頭の良さは説明力で決まる
    ・テクニカルタームで聞き手の心をつかむ

    ・SPICEで説得力を上げる
    ・思想書と科学書のダブル読み
    コラム:なぜ私は歩きながら本を読み続けるのか

    出典:知識をあやつる超読書術 目次より

     

    口コミ(Twitterより)

    本書の口コミを調べてみましたので、その一部をご紹介します。

    口コミ全体の印象としては、マイナス要素の書き込みがほとんど目につきませんでした。

    さいごに

    メンタリストDaiGoさんの著書は、こちらの本以外にも何冊も出版されており、どれもエビデンスがしっかりした信憑性のある内容です。

    この書評だけで、読書術の正解を確定づけるものではありませんが非常にお勧めできる1冊です。本の読み方を変えるだけで、読書との向き合い方は間違いなく変わります。

     

    読書術であなたの未来を変えてみませんか?

     

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    Sponserd Link