バスケ初心者のドリブルを上達させるコツ!!

こんにちは!ikukenです。

今回はドリブルを上達させるためのポイントについて書いていきます。
バスケが上手になりたいならドリブルの技術向上は欠かせません。
初心者でも【ドリブル】が上達できるよう、そのコツや練習方法をご紹介します。

ドリブル上達のためのポイント
【最初の目標地点】

両手でドリブルできる

初心者の方やドリブルが苦手な方は、どうしても利き手だけでドリブルに頼ってしまいがちです。
それでは試合中の様々な状況に対応できるドリブルができません。
最初は利き手からでかまいませんが、必ず左右両方の手で練習することを心がけましょう。

ボールを見ず!顔を上げてドリブルする

両手でのドリブル練習を心掛けながら、もう一つ実践していただきたいのが、ボールを見ないでドリブルすることです。

ボールを見てしまうと、相手や味方の動きや位置を把握できず試合で使えるドリブルにはなりません。どんな状況でも必ず顔をあげて練習する習慣をつけましょう。

ドリブル中に相手をしっかりと見ることができれば、味方へ効果的なパスも出せるし、ドリブル突破から自らの得点に繋げるシュートチャンスも作ることができます

ボールを強くついてドリブルする

ボールを強くつくことでボールが自分のところに早く戻ってきます。ボールが手から離れる時間が長くなるのを防ぎ、ディフェンスにボールを奪われる危険度をできるだけ下げましょう。
こちらの動画は、日本人初のNBAプレーヤーで現在Bリーグの宇都宮ブレックス(当時はリンク栃木ブレックス)に所属する田臥勇太選手のドリブルレッスンの動画です。
「ボールを強くつこう」と強調されています。

ディフェンスから遠い位置でドリブルする

こちらも、同じく田臥選手によるクリニックの動画になります。
初心者の方には難しい練習に見えるかもしれませんが、TOPプレーヤーの動きを見て良いイメージを吸収するのはとても良いことだと思います。

田臥選手のドリブルは、常に相手から遠い位置でキープされています。
ディフェンスが届かない位置でボールをキープした状態から、相手の隙を見て攻撃を組み立てて行くわけです。
このポイントを実践していくためには、ここまで触れてきた

「両手でドリブル」
「顔を上げる」
「ボールを強くつく」

が全て必要となってきます。
一つずつクリアしながら実践していきましょう。

ボールハンドリングを向上させる

ドリブルスキルを上達させるためには、ボールハンドリングの向上も欠かせないポイントの一つとなってきます。

ボールハンドリングとは?

ボールハンドリングとは、ボールを扱う技術の総称と考えていいでしょう。
いろいろなドリブル技術を習得していけるのは、ボールを思い通りに扱える感覚や技術があってこそなのです。
優秀なディフェンダーからボールを守り、味方に的確なパスをしたりドリブルで突破して点を取りに行ったりと、どんなシチュエーションでもボールハンドリング技術が必要になります。

こちらの動画はボールハンドリングの練習風景です。ボールを体の一部のようにうまく扱えるようにするため様々なメニューがあります。
このような反復練習を繰り返すことで、ボールを扱う感覚が体にしみこんでいきます。

家でもできるボールハンドリング

毎日の反復練習が大事です。だらだらやらずに集中して行いましょう。
ポイントは「できるだけ早く」「顔を上げる」「集中してやる」です。

① 腰の周りを回す

② 頭の周りを回す

③ ひざの周りを回す

④ ①②③をミックスして行う

⑤ パンチング

⑥ 手首を強くするハンドリング

⑦ ボール回し

⑧ ボールを手の横で回す

この8つを解説している非常にわかりやすいる動画がありましたので参考にご覧ください。

まとめ

バスケをするうえで欠かせない「ドリブルを上達させるための基本的な姿勢」「ボールハンドリングメニュー」などを、とても参考になるyoutube動画を交えてお伝えさせていただきました。

ドリブルのスキルアップが、その先のパスやシュートなど得点につながるスキル向上にもつながってきます。
基本的なボールハンドリング技術の反復練習からドリブルスキルを磨いていただき、バスケットボールをより楽しくプレイしてもらえると嬉しく思います

最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponserd Link