バスケ初心者のためのルール解説〜ファウル編〜

こんにちは!ikukenです。

今回も、バスケ初心者のためのルール解説~バイオレーション編~に続き、バスケットボールの基本的なルールを解説していきます。
ルールの理解が深まり、初心者の方でも楽しくバスケットボールの試合を観戦したり、実際にプレーしていただけるようになればうれしく思います。

ファウル について

バスケットボールで禁止されている行為は、ファウルバイオレーションの2種類です

ファウル プレーヤー同士の接触、スポーツマンらしくない行為
バイオレーション ファウル以外の禁止されている行為
※主にボールの扱いや、時間制限に関するものなど

パーソナル・ファウル とは

ファウルとは定められたルールに違反することを言います

パーソナル・ファウル コート上のプレーヤー同士の接触によるもの
テクニカル・ファウル 審判への暴言、ベンチにいるコーチやプレーヤーなどによるもの

パーソナル・ファウルに対しての罰則

パーソナル・ファウルはプレーに関するもので、「押す」「蹴る」「叩く」「おさえる」などの行為で、相手プレーヤーの動きを妨げた場合に課せられます。罰則は2種類あります。
シュート動作中の相手プレーヤーに対するパーソナル・ファウルに対しては、そのプレーヤーに対してフリースローが与えられます。

ファウルを受けながらもシュートを放ち

シュートが決まった場合 そのゴールは得点として認められ、さらに1本のフリースローが与えられます。(俗にいうバスケット・カウントってやつです)
シュートが外れた場合 2本のフリースローが与えられます

また、3ポイントエリアからのシュートに対するものであれば、決まれば3点+1本のフリースロー、決まらなければ3本のフリースローが与えられます。

シュート動作中以外に起きた場合は、そのパーソナル・ファウルの起きた場所から最も近いサイドかエンドラインの外から、スローインをしてゲームを再開します。

パーソナル・ファウルの種類

プッシング

「押す」行為に対するパーソナル・ファウルです。
手を使って相手を押したり、守っている際に相手のプレーヤーを体の部位(肩など)で押す行為なども含まれます。

ホールディング

「つかむ」行為に対するパーソナル・ファウルです。
腕などをつかんで相手の動きを妨げたり、後ろから相手を抱きかかえるようにする行為も含まれます。

ブロッキング

相手がボールを持っているかに関わらず、体を使って相手の進行の邪魔をするファウルです。

チャージング

攻めている側の選手が、ボールを持っているかに関わらず、相手選手に対して体を当てたり、手で押したりした際のファウルです。
自身の進みたい方向に相手選手いるにも関わらず、そのまま突き進んでいって相手を押したり、ぶつかったりすればチャージングとなります。
もし、自身の進みたい方向に相手が遅れて入ってきて衝突した場合は、相手選手がブロッキングのパーソナル・ファウルをとられます。
チャージングとブロッキングは表裏一体のプレーとも言えます。

イリーガル・スクリーン

スクリーンをかけた後に動くなど、正しくないスクリーンを行った場合に課されるパーソナル・ファウルのことです。

※ スクリーンとは ⇒ 参考動画リンク

5ファウル(退場)

1人のプレーヤーが、1試合通して5つのファウル(パーソナル/テクニカルの両方を含めて)を犯した場合は、そのプレーヤーは退場となります。他のベンチプレーヤーと交代しなければなりません。
また、5ファウルでの退場後は、再びその試合に出場することはできません。

まとめ

バスケットボールの試合では、選手同士が接触した際に笛が鳴り、ファウルが宣告されます。
ファウルは守る側に多いのはなんとなく見ていればわかると思いますが、なぜ今のプレイがファウルだったのか・・・についてはなかなか理解するまでに時間がかかります。

バイオレーションやファウルの笛がなぜ吹かれたのかを意識しながら是非試合を観戦してみてください。答えが分からなかった場合は、詳しい人に聞いたりインターネットで解説ページや動画を検索して調べてみましょう

ディフェンスが上手な選手は、ファウルを取られずに相手からボールを奪うのがとても上手です。
どうしても華やかなオフェンスばかりを目で追ってしまいがちですが、堅実なディフェンスにも注目して観戦してみてください。
また、プレイする際は、ファウルやバイオレーションをいかに回避していくかを意識してみるのもよいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponserd Link