バスケ初心者のグッズの選び方!【ウエア】【バッグ】

こんにちは!ikukenです。

今回はバスケットボールのウエアとバッグにどんなものを選んでいったらよいかについてご紹介したいと思います。

バスケットボールのグッズの選び方!【シューズ】【ボール】 でも触れましたが、

・バスケ始めるならカッコよく見た目から入りたい!
・機能性の良いウェアやバッグを探したい!

など、皆さんそれぞれのグッズ選びにはイメージがあると思います。
ここでは、この辺を選んでおけば間違いないでしょうというものをご紹介していきます。

 

Sponserd Link

ウェアのおすすめ

練習着(上)はノースリーブがおすすめ

バスケの練習着では、ノースリーブ、半袖、長袖などがありますが、
バスケの練習や試合で見かける頻度が高いのは、圧倒的にノースリーブ・半袖Tシャツです。動きやすい

ノースリーブ・半袖Tシャツのおすすめポイント

・通気性が良い
・動きやすい

ストレスなく楽に動けるものを探しましょう。

練習着(下)はハーフパンツがおすすめ

バスケの試合では、ハーフパンツタイプのユニフォームがほとんどです。練習着もそこに合わせ、ハーフパンツタイプを選びましょう。

サイズの選び方

ピチピチのジャストサイズより、少し大きめのゆったりしたものがお勧めです。
バスケでは、手足を大きく動かしたり、膝を曲げて腰を落としディフェンスをしたりします。
少しゆとりのあるサイズで選んだほうが動きやすいいと思います。(大きすぎは×)
個人差もありますので、自分に合ったサイズ感を是非探してみてください。

素材はドライ加工

ウェアはドライ加工がされたものがお勧めです。汗をかいた際にべたつきが気になってしまうとパフォーマンスが悪くなってしまうことがあります。
速乾機能に優れた素材のウェアを使うのがお勧めです。

冬など寒いときは

真冬などの寒い時期は、ウォームアップ中などは長袖の上着や長ズボンを上に重ねて着たりすることで調整し、身体が温まってきたらそれを脱いでノースリーブや半袖、ハーフパンツのスタイルにしても良いでしょう。

ウェアのまとめ(おすすめ)

上はノースリーブ、下はハーフパンツでともにドライ加工された素材のものがお勧めです。
ほかにもケガ防止のためにスパッツをパンツの下に履いたり、腕をサポートするアームカバー(サポーター)をつけるスタイルも人気です。

バッグ(グッズを入れるもの)

収納力のあるバッグがお勧め

バスケで使用するいろいろなものを入れるバッグを考えたとき、【シューズ】【ウェア】【ボール】【タオル】【飲み物】・・・など、いろいろなものが入る大きさがよいですね。

どんなバッグが使いやすいのでしょうか??

①一気に全部入ってしまうタイプを1つ持つか、②それぞれをバラバラに持つか各自の好みで判断してください。

それぞれのメリット・デメリットはこちら↓
①は移動時に手は自由になるけど、バッグそのものは横幅もあり場所をとる
②はそれぞれはコンパクトだけど、手でもつ必要が出てくるので移動時に手が自由に使えない

ドラムバッグ

容量が大きいバッグになります。一度に全部を入れたい派の方にとってはベストなバッグといえます。

リュックタイプ

ご存じの背中に背負うタイプのバッグです。
容量が多くなるように作られているので結構荷物が入ります。
お勧めのブランドは、アンダーアーマー、ナイキ、モルテン、アシックス、スポルティングあたりです。
かなり種類もデザインも豊富ですので、実際に実物を見て自分のイメージに合ったものを購入しましょう。

 

ボールケース

ボール専用のバッグです。リュックなどとあわせて使うとよいでしょう。ボールはケースに入れずに所有する方も多いですが、大事に使いたい方にはボールケースがお勧めです。

シューズケース

ボールケース同様、シューズ専用のバッグになります。シューズはウェアなどと同じバックにそのまま入れると時間がたつにつれてかなり匂いの面でよろしくない状態になります(臭いなど)。
シューズケースに入れて手で持つ、もしくは大きめのバックを使用するのであればケースごとしまってしまうのも良いと思います。

やっぱりデザインは大事

とはいえ、最後は自分の好きなデザインやブランドを選択することにも是非こだわってください。
自分が気に入ったものを身に着けて楽しい気持ちでバスケに取り組みましょう。

まとめ

グッズ選びのポイントはやはり第一に自分の好みに合っているかどうか?です。あとは機能性が良いかどうかです。

グッズ選びでは、自分のバスケ人生の現在と未来を考え、ベストなセレクトをしていきましょう。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ikuken

Sponserd Link