ZOZOMATの使い方

2020年2月にZOZOMAT(ゾゾマット)が世の中に出回りました。注文受付開始は、2019年6月24日にスタート。8か月後に発送開始となりかなり注目されていました。

最初に結論を言ってしまいますと、【ZOZOMAT】の計測値はかなり信用できます。
3Dプリンターでスキャンした足型のデータと1ミリ程度しかずれが出ないという情報もあります。

けんけん

ここからは、ZOZOMATを実際に使用して、使い方や測定結果等をお届けしていきます。

スポンサーリンク

ZOZOMATでアプリを使って計測してみた

【ZOZOMAT】について詳しく知らないという方もいらっしゃると思いますので、改めてどんなグッズ(サービス)なのか少し触れておきます。

ZOZOMATは靴をネットショッピングで購入する際の【サイズが合うかどうかという不安感】を解消するためにZOZOTOWNからリリースされたグッズです。
マットとスマホアプリを使用して足のサイズをミリ単位で計測し、計測結果からあなたにお勧めの靴を提案してくれます。

届いたZOZOMATを開封

ZOZOMATはゆうメールで届きます。。

袋を開封すると、滑らかな肌触りの(紙の)折りたたまれたZOZOMATが出てきます。
薄めのクッションのようなものを想像していたこともあり意外でした。

商品も送料も無料ということもあり、しっかりコスト面を考えられているなという印象でした。

袋から出したものを、そのまま縦に開いていくと縦長の状態になり、それを左右に開くとメインの面が出てきます。

この緑の部分に足を置いてスマホアプリを使用して計測していくわけですね。

ZOZOMATはアプリで使用

次に必要な準備は・・・・アプリのダウンロードです。ZOZOTOWNのアプリを使用します。

お買い物目的ですでに使用されている方はそのままそのアプリがあればZOZOMATをすぐ使用できます。

ZOZOTAWNのアプリの中にZOZOMATを使用するサービスがすでに用意されていました。

下のほうにある緑のバナーをタップするとZOZOMATのマイページ画面に移動します。

緑の【足計測をする】を押すとZOZOMATの計測用TOP画面に移ります

【計測をはじめる】を押すと基本情報の入力画面になります

入力されたデータは、利用者の属性データとしてZOZOの中で有効活用されるものと推測されます。

ZOZOにとってはかなり貴重なデータベースになりそうですね。

計測準備

ここからは、計測の準備です。

画面の内容に従って準備し、マットの上に足をのせます。

計測開始

いよいよ計測開始です

音声付きの案内が画面上に出てきます、まずは左足を置いてマットと画面上の6色の円の位置を合わせます。

続けて6色それぞれの方向から、指示に従って6回撮影します。

面倒くさいかなと思っていたのですが割とすんなり終了し、ストレスもたまりませんでした(*^-^*)
可能であれば、だれかに撮影してもらうとより楽に撮影できると思います。

   

ここで、計測結果となります

スポンサーリンク

計測結果について

こんな流れで作業することほんの数分で結果が出ました。
個人差は多少あると思いますが、思っていた以上にスムーズに作業を終えることができました。これくらい簡単に測定できれば今後より多くの方に広まっていきそうです。

次に、自分の足の測定結果ですが、これまでの自分の人生で感じてきた感覚だけを頼りにした個人的予想ではこんな感じじゃないかと↓

個人的な事前予想

■ 足の大きさは27.5cmくらい
■ 右足よりも左足のほうが少し大きい

結果はどうだったでしょうか?

自分の足の計測結果

なんと、事前に予想していたのにかなり近い数値が表れました。

左足の「足甲の高さ」と「足長」が右足よりも少し大きい数字になっているではありませんか!!!
他の数字は全て一緒です。

この結果は、信用性が高い圧倒的な精度の数値といえそうです。
報道によりますと、モノの立体的な形をコピーしてしまうあの【3Dプリンター】の数値と1ミリ程度の誤差しか出ていないとか・・・。

数値以外にも以下の通り、足の形のタイプなどが結果として現れました。

私の足の形のタイプ
  • 指先の形⇒エジプト型
  • 足幅の広さ⇒やや細め
  • 足甲の高さ⇒標準的
  • 左右の比較⇒左足のほうが少し大きい

これらの数字については、繰り返し計測して結果を比較し、同じ数値が続けばより、結果の信用性が高まってくると考えられます。

今後も繰り返し計測した際に数値が安定しているか、そして提案してくれるシューズがピッタリ合うのか・・・・。

家族(子供も含む)の分も計測できる

計測データの登録はアプリの中で1アカウント当たり最大で5名分まで可能となっています。

試しに、子供の足のサイズも測ってみました。

子供の足も同じ段取りでスムーズに計測できました。

計測結果はきれいに出ましたが、足形のタイプや相性の良いシューズの提案についてはまだ準備中のようで判定が出ませんでした。

近いうちに大人と同様のサービスとして、全ての機能が搭載されるでしょう。

計測結果をもとにしたZOZOからの提案

ここまでくると、最後に待っているのは【あなたの足にピッタリの靴はこれです!!!】みたいなやつですね。

ZOZOはそのためにZOZOMATを開発したのですから。

では、早速、ZOZOから提案された私の足に合うお勧めシューズを見てみましょう

【スニーカー編】

勧められたスニーカー
  • ONITSUKA TIGER LAWNSHIP 28cm
  • adidas スタンスミス 28㎝
  • ASICS TIGER GEL-LYTEⅢ 28.5㎝
  • NIKE AIR MAX 95 28.5㎝

実はこの4足のうち2足はこれまでに履いたことのある靴でした。

どちらも、個人的な感覚では自分の足に合っていたなという評価でしたのでいいところを勧めてくれたなとは思います。

よく見ると、それぞれのシューズでお勧めのサイズが違ったりしています(28cm•28.5cmなど)。

おそらく大きい左足の計測値に合わせて「この靴でいうとこのサイズが最適ですよ」というサイズを提案してくれているはずです。
「そのあたりが本当にしっかりと配慮されたサイズ指定なのか?」を気にしながら試し履きをしてみるといいですね。

「スタンスミス」なら28㎝、「AIR MAX 95」なら28.5㎝が本当に最適だった場合、ZOZOMATによる計測値と最適なシューズ提案のプログラムはとても精度の高いサービスといえるでしょう。

実際に試し履きしましたが、どのシューズも左足にフィットした丁度良いサイズでした。

【革靴編】

勧められた革靴
  • SHIPS ホースレザープレーントゥシューズ
  • AAA+ プレーントゥオックスフォードシューズ

上記2点の相性度が90%以上でした。

こがの2足はまだ履いたことがないので、機会があれば試し履きをお店でしてみます。

これらのお勧めシューズが、商品ラインナップが変わっても最新の情報で自分の計測結果に合わせていつでも確認できるようです。

おすすめの靴が本当に自分の足に合っているのであれば、通信販売でも安心して靴を買えるようになりますね。

一度お勧めの靴を実物で試してみて、良さそうであれば折角ZOZOMATからお勧めしていただいたことですし、ZOZOTOWNで購入してみようかなと思っています。

さいごに

ZOZOMATはまだ頼める?注文の仕方は?

ZOZOMATは現在も無料で注文が可能です。

ZOZOTOWNのサイトまたはアプリで会員登録を済ませ、メニューの中に【サービス/ZOZOMAT】とありますので、そちらから手続きができます。

ZOZOMATの注文受付開始直後にエントリーした私のところには既に届いておりますが、予約状況によっては発送が少し先になりそうです。実際いつ届くのかは、タイミングによってだいぶ変わると思いますので、直接ZOZOに問いあわせていただくのがベストですね。

個人的評価と今後の展開

8カ月の時を経て、やっと届いたZOZOMAT。準備に時間を掛けただけあり、現段階では高い評価がつきそうです。

けんけん

ストレスなく計測も終わり、計測結果やお勧めのシューズもまずまず(個人的評価ですが)でした。
今後、このZOZOMATの信用が高まり、世の中に測定ツールとして認められたとして、そこで満足して終わるZOZOではないはずです。

例えば

ZOZOMATの計測結果からお勧めされたシューズを購入すると「初回に限り〇%OFFになります」

とか、

他には・・・

たくさんのユーザーの計測結果から、「日本人の足のサイズの統計結果をもとに日本人向けの新しいシューズを開発する」

など、ユーザーが楽しくなるような新しい展開を次々と発信してくれることを期待しています。

2020/3/4にZOZOSHOESがOPEN!!ZOZOMATを使用したキャンペーンをスタート

3/4にZOZOTOWNはZOZOSHOESというモールを新規でオープンし、シューズのEC市場に新たな風を吹き込みました。

キャンペーンの内容は、今回配布をスタートしたZOZOMATで足を計測したユーザー限定で10,000人に抽選でシューズをプレゼントするというものでした。

私もエントリーしました。

計測後に相性の良い順にお勧めされたシューズのうち、相性度99%だった NIKE AIR MAX 95 でエントリーしました。

結果は、非当選でしたが今後もいろいろなキャンペーンを期待したいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク